旧「日刊オニマガ」

自由にDIYでゆる〜く生きる方法を考える日記

締め切りや集合時間が守れない人はTODO管理をGmail+Googleカレンダーでやったらいいやん、というどうでもいい話

【お知らせ】オニマガは新URLに引っ越しました。→ オニマガ http://onimaga.jp


本日は実にどうでもいい話です。

「締め切りっていつだっけ?」「あれ?集合場所ってどこだっけ?」
「時間に遅れます〜」「携帯無くなった!」「鍵どこに入れたっけ?」
「あれ持ってくるの忘れた!」「必要な物ってこれだけでよかったっけ?」

年がら年中この台詞を言ってる人いますよね。
これどうしたら直るのさ?と聞かれたので、
明日から2度とこの台詞を言わなくて済む方法をここに記します。


■締め切りが守れない人のためのGmail+Googleカレンダー活用法

まず、手帳やらTODOアプリやらカレンダーアプリやら、色々便利なのありますが、
そんなものは全部この際捨てましょう。必要ありません。

あれこれ便利ツールを持ってても、毎度こんな調子ということは、
iPhoneなんてただの重たい電話付き時計だし、iPadなんてただのまな板です。
なので、全部捨てます。今後Gmail+Googleカレンダーのみで行きます。


◎とにかく全部Gmailにまとめる

複数のアドレスを持ってる場合や、Gmail以外のメールを使ってる場合は、
全部まとめてGmailで受信できるように設定しておきます。
設定>アカウントとインポートってとこで設定できます。
スーパー簡単なのでやり方分からなかったらGoogleで調べたらいいと思います。
iPhoneの人はGmailアプリも入れておくといいです。


◎受信トレイ=未処理案件

Gmailの受信トレイをTODOリストとして使います。
受信したメールにはラベル(*後述)を付けて処理します。
処理できてないものはずーっと受信トレイに残っている状態。
毎日もしくは毎週とかの単位で、かならず受信トレイを空にするようにします。
空になってたら全ての案件が処理済みということでスッキリ。
毎日受信トレイに残っているメールを見て、締め切りを確認したり処理する時間を作ったりします。


◎基本ラベルを4つだけ作る

・返事待ち
・まだ
・完了
・保存

基本的に4つのラベルで全てのメールを振り分けます。

相手からの返信が必要なメールは「返事待ち」ラベル(受信トレイのまま or アーカイブ)
まだしばらく処理できないメールは「まだ」ラベル(受信トレイのまま)
処理したメールは「完了」ラベル(アーカイブ)
保存しておきたい重要なメールは「保存」ラベル(アーカイブ)

この4つだけです。

速攻で処理できる内容のメールはすぐに処理してアーカイブ。
なるだけ「まだ」は増やさないようにします。
とにかく昔みたいなフォルダ分けとかは意味が無いので、全部まとめてアーカイブ。
必要になったらあとで検索で探します。

いろいろなプロジェクトを同時進行で管理してる人だったら、
完了ラベルを細かく、完了-プロジェクト1、完了-プロジェクト2・・・って具合に、
いくつか作るのもいいと思います。
ついでにフィルターで自動でラベル付けるように設定しておけばOKです。
ワタクシはメールアドレスも使い分けてるので、それに合わせて完了ラベルが5個あります。


◎ラベルに沿って処理する

例えばなんらかの原稿を締め切り日までに提出する案件があるとしたら、
その返信するメールにラベルを付けます。

 差出人○○○○ 件名:<まだ>なんらかの原稿依頼の件

みたいな感じで受信トレイに残ってる状態になります。

まだ未処理というのが一目で分かります。
返信したら、「まだ」ラベルを「完了」ラベルに変えてアーカイブ。
受信トレイから無くなります。
これで処理完了です。


◎自分にメールを送る

外出先とかで急に何かメモしなければいけなくなった、とか言うときは自分にメールします。
iPhoneだったらもっと簡単に処理できるアプリはありますが、この際そんなのは使いません。
件名に詳しく内容を書いて自分で自分にメールします。
家に帰ったらGmailでラベルを付けます。(フィルターで自動化してもOK)

TODOというよりは、何かの予定とかスケジュールだったら、
一旦メールしておいて、あとでGoogleカレンダーに入れます。
とにかく入り口をすべてGmailにするのが大事。
とっさの時に、TODOはTODO専用アプリに、あれはEvenoteに、これは手書きで手帳に、
予定はカレンダーアプリに、こいつはレシートの裏にメモして、こっちはポストイットで、
とかなんとかやってるうちに、管理しきれない予定があっちこっちに行ってしまうのです。


◎カレンダーに予定を入れたら通知を使う

Googleカレンダーに予定を入れますわね。そしたら必ずメール通知の設定をしておきます。
集合場所まで10分かかるなら集合時間の10分前に「今家出ろ!」って通知来るように設定しておきます。
締め切りの日程が決まってるなら、その作業時間を逆算した分で通知が来るようにします。
そんだけです。そんだけなのです。
iPhoneの標準カレンダーアプリでも同様です。ポップアップさせまくればいいんです。
そんだけです。そんだけなのです。


と言う感じで、1日に入れ替わるTODOやスケジュールが数十件くらいなら全部これでいけると思います。
それ以上になる人は、そもそも自分のやり方ででちゃんとやってるでしょうから。

以上どうでもいい話おわり。
【お知らせ】オニマガは新URLに引っ越しました。→ オニマガ http://onimaga.jp

情報は溜め込んだらあかんよねーという話

【お知らせ】オニマガは新URLに引っ越しました。→ オニマガ http://onimaga.jp
IMG_3942

情報発信とか情報共有した方が良いなんてことが昨今よく言われますけど、
そりゃそうでしょ、っていうどうでもいい話。

情報を自分の所でせき止めちゃう溜め込みクンは、
すでに価値の無いしょうもない情報を手に入れたとしても、
「やったー得したぜ!」と、役に立たない情報で満足して、たいした成果も生まないわけです。

ところがその一見役に立たない(と本人は思ってないけど)情報を共有すると、
有識者というかそれについて溜め込みクンよりは詳しい、
または最初の情報よりもナイスな情報をもったBさんが、
B「それだったら今はこっちのが良いよー」とか、「それは今ヤバいですよー」とか、
なんかしらのリアクションという形で、新しい情報を自分に運んでくれる訳です。
もしかするとさらにそれに対して、Cさんから「いやいや、こっちのがいいでしょー」とか、
さらにDさんから「それと同じようなのでこんなのもあるらしいけど、知ってる?」とか。
もちろん直接のリアクションじゃなくって、長い期間を経て巡り巡ってってこともあるし。

そんな感じで、最初の役に立たない情報が、自分でせき止めなかったおかげで、
情報ロンダリングされて、いつの間にかより良い情報へと変貌するんです。

もちろん、溜め込みクンよりも知識がなかったEさんにとっては、
E「溜め込みクン、ナイス情報ありがとう!」って喜ばれるわけで。
ここでまたせき止なければEさんにとってのBさんやCさんが現れて、さらにいい情報へと変わるんです。
そっからぐるーっとまわって溜め込みクンにもフィードバックがある、と。

ということで、自分だけでナイショにしておくよりも他人とガンガン共有した方が、
結果、自分もハッピー、BさんCさんDさんEさんもみんなハッピー。
情報は共有した方がいいよって言われる訳はこんなところじゃないですかね。

これはアレか。ギブ&ギブってことだね。まずは与えよ、そしたらなんとかってやつと一緒か。
なんか当たり前のことをあらためて書いただけになってしまったわ。
おわり。

と、だいたいこんなどうでもいい話は書いたけど公開しないってことになりがちなんだけど、
これを公開するってのが上に書いた事なので、公開してしまうのです。
【お知らせ】オニマガは新URLに引っ越しました。→ オニマガ http://onimaga.jp

どマイナーなのに色々楽しいことやりたがりな我々みたいな者にはやっぱり公式サイトがいるよねーってな話

【お知らせ】オニマガは新URLに引っ越しました。→ オニマガ http://onimaga.jp

miette-oneの公式サイトが完成しました。
今やネットはソーシャル時代ですけど、そんな今だからこそ公式サイトは絶対必要だぜ!
と、半ば強引にjugemで放置されてたブログごとお引っ越し。

・独自ドメインで、
・ブログがメインコンテンツで、
・プロフィールとか実績がしっかりまとまってて、
・本人と確実に連絡が取れて、
・ゴールもしくはゴールの一歩手前が用意されてて、
・ソーシャルネットワークと連携してて、
・自分でコントロールできる仕組みになってるサイト

こんな感じのが公式サイトってやつだね。

ここ数年はTwitterやらFacebookやらが人気なので、
ブログなんてなぁ〜めんどくせ〜っていう雰囲気バリバリかもしれませんけど、
こんな時代だからこそブログ。やっぱりブログ。たぶんブログ。
と言うか公式サイト。己のドメイン。己の場所。己の言葉。これが必要だなーと。
なんだかこれってインターネット初期か?って話だけど、
ソーシャル時代になればなるほどそこへたどり着くということですかなぁ。

公式サイトで徐々に作られるその何と言うかアレを広めるのに使うのがTwitterで、
徐々に生まれるアレとの関係をより深めたりその先のアレまで届けるのがFacebookで、
そのアレの元になるアレな感じを醸し出すにはやっぱりブログが必須なわけで、
やっぱり順序ってもんがある気がするね。
特に、人気も実力も無くって、どマイナーなのに色々楽しいことやりたがりな我々みたいなもんには。

で、さらにモヤ〜っとした話を続けちゃうわけですけど、
公式サイトで獲得したアレ、アレじゃ分かりにくいのでポイントってことにしてみると、
ステージAで獲得したポイントは、Aが崩壊してBに移った時にほとんどを持ったまま行けるわけです。
これがたとえばTwitterしかやってないとかだと2割くらいしか持っていけないと。たぶん。
AからBに移った時に1万ポイント持ってるのと2千ポイント持ってるのだったら、
そりゃ1万ポイントの方がスーパー有利だねって話ですな。
特に、人気も実力も無くて、どマイナーなのに色々楽しいことやりたがりな我々みたいなもんには。

もちろん人気も実力も鋭い勘も持ってて短期決戦ができる人は、
こんなのんびりした話でやんなくてもいいんでしょうけどねー。
なので、どのくらいのスパンで見てるかによりますわね。

と言うような意味を込めて、miette-oneの公式サイトを作ってみました。


miete-one オフィシャルサイト
http://miette-one.jp
【お知らせ】オニマガは新URLに引っ越しました。→ オニマガ http://onimaga.jp

DIYのパラドックス

【お知らせ】オニマガは新URLに引っ越しました。→ オニマガ http://onimaga.jp
IMG_6363

SAYONARA NOVELSという新レーベルをやることにしたのには、実はあんまり深い意味は無いんだけど、ずーっとちょっとだけ引っかかってる部分があったなーと言うのが、DIYのパラドックス。

abcdefg*recordや、P+M magazineなどの活動で伝えたいことって言うのは、簡単に言うと、「自分で考えて自分で作って自分で発表するのって楽しいよ」っていうことです。よく言われるDIYというやつです。これはレーベル始まった時からずっと変わらないので、毎度手を変え品を変え、このメッセージを発しています。

だから音源1曲取り上げてどうこうって話でもないし、写真1枚を見てどうこうっていう話でもないんです。そこに参加してる人たちと一緒に、それぞれが自分で考えて作ったものをまとめて発表して、それに共感してくれた人が、なにか始めるきっかけになったり、そんな大げさなことでなくても、生活や仕事や遊びに、なにかヒントになればそれでOKなわけです。

自分がそういうモノや考えや人に影響を受けて実践してきた結果、今んところ人生楽しくてしょうがないので、そういった先人から与えられた分は少なくとも自分と同じ価値観を持つ人やその周辺の人には、できるだけ伝える義務があるんじゃないかと思ったりします。まじめなこと言ってみれば。

ところがどっこい。DIYなんだから自分で考えて自分でやるといいよって言ってるのに、インディーズレーベルをやると言うのは究極の矛盾でもある訳です。過剰すぎるサポートをしちゃうと、自分でやらなくてもいい状態を作り出してしまう訳ですよね。そしてリスナーに対しても、自分で考えるといいよって言ってるのに、売ることを基準に考えると余計な説明をしてしまうことになるんです。自分で探して調べて見つけて楽しむっていうのを奪っちゃうわけです。この辺の矛盾をなんだかなーとずっと思ってました。

そしてSAYONARA NOVELS。これで今やろうと思ってる感じは、かなりこの矛盾の部分が解消されるんじゃないかなーという気がして、なかなか楽しみです。まだなんにも始まってないけど。でもまあ、あんまり深い意味はなく始まった新レーベルは、実は始まるべくして始まったと言うことにしておいたらいいじゃない。
【お知らせ】オニマガは新URLに引っ越しました。→ オニマガ http://onimaga.jp

コストと予算の関係

【お知らせ】オニマガは新URLに引っ越しました。→ オニマガ http://onimaga.jp
IMG_9900

立場が違えば見方というものは180度変わるものでありまして、
コストと予算っていうのもまさにそれですね。

コストって言えば、できるだけ減らして、利益を確保したいという性質のものです。
予算って言えば、できるだけ増やして、目一杯使い切りたい性質のものです。
まあこれイメージの話ですけど。

例えば、レーベルとバンドの関係だと、
制作費や宣伝費はレーベルからするとコストで、バンドからすると予算。
でも「そのお金を使ってCDを作ってたくさん売って利益を出しましょう」
という目的は共通です。

なので、軍資金という意味ではどっちも同じものなんですね。
自分の財布からお金が出る人にとってみればコストだし、
他人の財布からお金を使う人にとってみれば予算だし。

なんちゅうか、つまりそういうことだよね。
【お知らせ】オニマガは新URLに引っ越しました。→ オニマガ http://onimaga.jp
Recent Products
Minimal WP
Minimal WP

公式サイトで自分らしさを表現しよう!
シンプル&ミニマルなWordPressテンプレート「Minimal WP」


Facebook
Related Post

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...