旧「日刊オニマガ」

自由にDIYでゆる〜く生きる方法を考える日記

権利は緩くした方が楽しい事になるんじゃないかなー、という話

【お知らせ】オニマガは新URLに引っ越しました。→ オニマガ http://onimaga.jp
6337080338_2906c1dee0_b

昨日naivepop or petitfoolの音源をBGMに使ってくれてる動画をいくつか紹介しましたけど、
いやしかしですよ、よくよく考えてみると、
naivepopというバンドは2008年にCD出して以来、まーーーったく活動してないわけですよ。
あ、ちなみに、ワタクシが参加してるバンドです。

なんだけど、こんな感じで曲を使ってくれる人たちがいるおかげで、
なんだかんだ今でもコンスタントにCDが売れたり、
あと配信も圧倒的に伸びてます(当社比)。国内外どっちも。
まあうちから出してる他の何バンドかとの比較でしかありませんが、
ダウンロード数に10倍くらい差があるので(CDだとこうはいかないんだけど)、
間違いなくあれこれ細かい実験をしてる成果が出て来てる気がします。

と言う事で思ったのが、そもそも人気が無いバンドは、
どんどん権利をゆるくしたらいいんじゃないですかねぇ。
自由にどんどん使ってよーって感じの方が。
ある程度のルールと、しっかりとした戦略さえ持ってれば。

バンド側で作ったPVももちろん重要だけど、
やっぱり勝手に作られていく動画の影響力ってのもすごい。
ノー活動の底辺レベルにいるnaivepopですら、いやーすごいなーと思う広がり具合なんだから、
ちゃんと活動してるバンドや、もっと実力のあるバンドだったら、
そりゃもうすごいことになるんじゃないのかね。
なんせいまやYouTubeが世界最大の音楽試聴プレーヤーなやわけで、
それにニコニコ動画やVimeoも加わったら、そりゃーもうねぇ。
しかもそんなのがTwitterやらFacebookやらでアレされてねぇ。
Tumblrでアレされた事もあったな。

関連記事:たった1枚の写真が偶然を呼ぶことってあるよねー、準備しておいてよかったなぁ、あれ?これ偶然じゃないや!という話

違法ダウンロードがどうのこうのとか著作権がどうのっていうのは、
ビッグなバンドや音楽権利ビジネスに関わる人たちが心配する話でね、
ごく一般のインディバンドにとってはあんまり関係ないんでないかなーとか思ったり。
むしろゆるくすることで大きなものを得られる気がしますわねー。

あとこれ毎度毎度言ってますけど、なんで日本のライブは写真撮ったりビデオ撮ったり、
それを勝手にネットにアップしたりしたらダメなんでしょう。
みんながみんな、もしくは全ての曲にダメな理由があるって訳じゃないと思うんだけど、
普通はダメだから俺もダメ、みたいな思考停止状態になってるんじゃないかとか。
撮ってもいいよって思ってるバンドは、言った方がいいよね。OKだぜって。
もちろん最初っから最後までパシャパシャやられたり、静かな曲でジーコジーコやられたら、
他の人に迷惑だから、その辺はルールを決めたらいいだけの話で。
この曲は撮っていいよーとか。
撮ってもいいけど、ネットにはアップするなよ、ゼッタイするなよ、おい押すなよ!的な。

まあだからと言ってなんでもかんでも権利しねーって話じゃないので、
権利がしっかりアレされてるやつはちゃんとしないとダメですよ。

海外の最新事情とかはちょっと違って、やっぱり進んでるのよね、
ってな話はこの辺の記事がとても参考になります。

・コールドプレイがコンサート会場で配っているリストバンドが凄い、テクノロジー x ライブ音楽で音楽体験を引き上げる
・音楽の体験共有を増幅させるために作り出す上で前提となる2つのこと

まあこの辺は、逆にメジャークラスだからこそできることっていうのももちろんあるけど、
大事なのはそれをやろうと考えた事であって、
それってのはインディーでもメジャーでも関係ないよね、と。
むしろビッグメジャーですら新しい挑戦をしてるのに、
どインディが昔のままとかいつもの感じでとかみんなと同じで、なんて言ってて良いわけないもんね。
我々のようなノー活動バンドだと、何やっていいか分からん的なことはあるかもしれんけど、
ネットを使えばやれることはまだまだいっぱいありますわね。

あとちなみに、というか話は変わりますけど、
YouTubeの場合は自分でアップするやつは広告付けられたりするし、
曲を使われるとなんやかんやの権利処理をして使用料を払ってくれるという、
そんなことやってる会社も海外にはありまして、TVとかはもちろんYouTubeも対象なんです。
そんなの色々で多少なりとも活動費の足しにはなるのではないかと。
今やCDや配信のプロモーション自体からも収益化ができるという素晴らしい時代。

多少なりとも収益化を考えれば、それはファンにちゃんと還元できる事なので、
(良いカメラやマイクを買ってビデオを高品質にするとか、チケット代安くするとか)
何の戦略も無しにタダでもいいからとにかく聴いて欲しいとかって言うのは、
もうそろそろダメだよなーなんてこと考える今日この頃。っていうか、昔からか。
タダでもいいから貰ってよ!なんて言われたモノってたいがい要らんもんね。


naivepop or petitfool
http://naivepop.jp


関連記事:naivepop or petitfoolの曲をBGMに使ってしまった恐ろしき動画たちを一挙にご紹介しちゃいます!
関連記事:【重要な発表】naivepop or petitfoolの音源はネット上で自由に使ってもいいよー、タダで!ってことにします。
【お知らせ】オニマガは新URLに引っ越しました。→ オニマガ http://onimaga.jp
Recent Products
Minimal WP
Minimal WP

公式サイトで自分らしさを表現しよう!
シンプル&ミニマルなWordPressテンプレート「Minimal WP」


Facebook
Related Post
<< naivepop or petitfoolの曲をBGMに使ってしまった恐ろしき動画たちを一挙にご紹介しちゃいます! | Main | 今週ウヒャーッ!ってなった素晴らしき世界の最新インディミュージックビデオBEST 30 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...