旧「日刊オニマガ」

自由にDIYでゆる〜く生きる方法を考える日記

お金について考える

【お知らせ】オニマガは新URLに引っ越しました。→ オニマガ http://onimaga.jp
2012-06-18 19.53.25

P+M magazineは気づくともう2年もやってるんだけど、
いつの間にか、無料+寄付という形で落ち着いてきました。
寄付と言っても純粋な寄付もあれば、最初の頃はポスター付きの限定版を販売してみたり、
Gumroadで裏マガジン付きの寄付を募ってみたり、
なんやかんやいろいろやってきました。
金銭的なサポートをしてくれた方々には感謝感激です。ありがとう。
おかげでインタビューの翻訳を英語のちゃんとできる人たちに頼む事ができるようになりました。
最初の自分でやってた頃は毎度死ぬかと思って頑張ってましたけど、
やっぱり得意な人に仕事としてお願いした方が何かといいですね。

で、今回からは寄付を募るのはやめて、広告収入で運営するように方針を変えました。
誌面には広告は入れてないんだけど(いや、というか入らないが正しいけど)、
サイトとかこのブログとかの最後の方にちらっとGoogleの広告が出たりするアレ。
ここ3ヶ月程実験的に導入してみましたけど、
翻訳代くらいはギリギリまかなえそうなので、こっちにするか、と。

寄付がいいなーと思う理由は、
モノやサービスを売って得られるお金より、結構なインパクトがあるというところ。
価値というか重みと言うか、気持ちがダイレクトに来る感じと言いますかね。
とてもありがたいなーと思うわけです。
もちろんCDやZINEを買ってくれる人も大変ありがたいです。
うちからリリースしてる商品なんてのは、
そもそも応援分を含んだような値段設定になってるので、
寄付と同じような感じもしたりします。
なので、とにかくお金出してまで遊びに付き合ってくれてる皆さんには大変感謝してます。

ただ、定期的に出るやつってあんまり寄付と相性良くない気もして。
寄付する側からすると、ちょっと精神的な負担があるんじゃないかと。
前回は寄付したけど、今回はしないとか、なんか色々考えちゃうじゃない。
そんなこんなでいろいろな面で寄付ってなかなか難しいね、ということが分かりました。

広告だと全然ありがたみがないので、その辺が面白くないなーと思って、
寄付で何とかならないのかなーって2年弱実験してきましたけど、一旦この辺で終了です。
寄付してくれた人、寄付じゃなくてもRTとかいいね!とかで応援してくれてる人、
とにもかくにもダウンロードしてくれた全ての人、どうもありがとうございます。
P+M magazineは今後も無料で続きますので、どうぞよろしく。


写真と音楽のたのしいマガジン「P+M magazine」
http://onimaga.com/
【お知らせ】オニマガは新URLに引っ越しました。→ オニマガ http://onimaga.jp
Recent Products
Minimal WP
Minimal WP

公式サイトで自分らしさを表現しよう!
シンプル&ミニマルなWordPressテンプレート「Minimal WP」


Facebook
Related Post
<< ニトログレムリンの撮影をしてきたよ、の巻 | Main | The Happy Hippo Family - P+M magazine 09に参加してるバンドのMVを観るコーナー >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...