旧「日刊オニマガ」

自由にDIYでゆる〜く生きる方法を考える日記

イベントやるつもりもないのに集客方法を考えてたら、ちょっと面白くなってきたので、バンドがライブする時にこんなんしたらいいのになーって思うベスト7

【お知らせ】オニマガは新URLに引っ越しました。→ オニマガ http://onimaga.jp
IMG_8670

なかなか知名度の無いインディーバンドにとって、イベントの集客っていうのは悩みの種だと思います。ワタクシ実際のところイベント主催は嫌いなのでアレコレ言えませんが、お客として、もしくは第三者として、ふだん思ってる事をざっくりまとめてみようかと思います。なんかしら参考になればと思って。


■主催バンドはトップバッターで出演したらいいのに

これは賛成反対色んな意見があると思いますけど、4〜5バンド出演の企画イベントだったら、主催バンドは1番目に出る方がいいんじゃないかと思うんですよね。だいたいトリですよね。あれってなんか、結局自分たちを見せるために前座を何組か用意したって感じが存分に出てる気がして、ちょっと残念感があります。自分がトップバッターでお客さんたっぷり呼んで、自分たちのファンに今日はいいバンドいっぱい出るから最後まで見てちょうだいよ絶対帰るなよ、っていう心意気の方がイベント自体楽しくなる気がするんですよねー。なんかそういう自分たちを通じて他の音楽にも繋がっていく感じとか、重要だったりする気がするんだけどもねー。古いのかねー。ブログで自分たちが好きな音楽を紹介するとかもまあそういうのと同じだけど。そういうちょっとした意識が音楽全体の活性化に繋がって、目当てのバンドだけ見て帰ると言うなんともならん感じは減る様な気がするわけですよ。


■アンケートをちゃんと準備したらいいのに

イベントと言えばアンケート。アンケートには二つの目的があると思います。一つは単純にお客さんの感想を聞くこと。もう一つは名簿集め。

で、本題に入る前にちょっと思うことがあるので書きますけどね、アンケートありますから書いていって下さいって言って紙は渡すんだけど、書く物を用意しないバンド。あれどういうつもりでしょうね。己の血で書けっていうことですかね。ペンくらい持ってるだろ?て思ってるんですかね。ライブ見に行くのにペン持ってかないですよね。ペン位用意した方がいいんじゃないかなーといつも思います。あと回収箱。誰に渡せばいいのか分かりませんよ。いちいちメンバー探さないとダメなんですかね。帰り際にサクッと出せるように回収箱置いておけば良いと思うんですけど、あんまり用意されてたことないですなぁー。あと、フリー回答欄しか無いやつとか問題外なんだけど、「良かった曲を教えて下さい」ってのも不親切すぎるわね。だってタイトル知らんし、良かったやつが3曲目か4曲目かなんて覚えてないし。セットリスト決まってるんだったら、回答欄にあらかじめ曲目書いておくとか、曲ごとに印象に残るエピソードを語るとか、キーワード用意するとか、なんかあるでしょー、とかね、思うわけ。エスケートゥー。

で、本題ですけど、お客さんの感想はたしかに聞きたくなるのは分かります。それを生かしたり反省したりの材料になりますわね。すればの話だけど。でもまあ正直ロックバンドだったら、お客の反応なんてイチイチ聞くなよ、とも思うんですけどね。カッコいいライブだったらブログやらツイッターに書かれますから、家に帰ってこっそり検索したらいいんですよ。で、まあそれはいいですよ、ファンあってのバンドなんで。

次の名簿集め。実際のところ、アンケートをやるべき最大のポイントは名簿集めです。名簿があれば次のライブのお知らせも出来るし、CDが出る時に早めにお知らせして予約してもらう事だって出来るし、何回もそれを繰り返す事で、今自分が持ってるリストだとどのくらいの反応があるかということも分かってきます。何やるにしても事前に数が読めると言う事のアドバンテージはものすごいことですよ。毎回50人必ずメール予約入るなら、50人のファン限定ライブをやるのもいいし、100人の会場でイベント企画するなら、半分は自分たちのファンでノルマがクリアしてるわけです。これが読めてる人と読めてない人では全ての活動がまったく違ってくると思うんですけどねー。

で、もちろんただのお知らせだったら面白くないので、メルマガにしてみようかなーとか、メンバーのおもしろコラムでも書いてみようかなーとか、そもそもライブの感想をメルマガを通じて募集してもいいし(感想自体を次回のメルマガのコンテンツにしてもいいし。それ読んだ人が次行きたくなるし)、回答してくれた人には何かプレゼント用意してもいいし(しかもそのプレゼントは次回のライブ来たらあげるーとかちょっと姑息な手を使うとかもまあできるっちゃできる。ホントにやっちゃいかんよ。)、なにかとファンサービスにも繋がるんじゃないかとか思うわけです。もちろんそうなってくると名簿をきっちり獲得するためにあれやろうこれやろうっていうアイデアも膨らみますから、そりゃーもう結果的にはバンドもファンも大喜びじゃんって思うんですけどね。たいがいのバンドが名簿の重要性を考えてなさすぎるんじゃないかと。

一回のライブでお知らせ送ってもいいよって言う5人からアンケート回収できたとして、月2ライブでも年120人分ですよ。 3年続けたら360人。いや、実際はカーブがだんだん上り調子になるはずなので、360+α。もっと現実的に考えると、毎回同じ人が来てるからそこまで増えないだろうとか思ってるかもしれないけど、絶対増えるよね。それ知ってる人ってコツコツやってるよね。そして人気出てるよね。なんにしても、何もやってない人は3年後だって0人。この差は歴然ですよねー。

でもまあそいうことで考えると、紙のアンケートがはたしていいのか?ってことにもなりますわね。今どき住所書いてもらってかわいいデザインのハガキで DM送るならいいですけど、コストが大変だし、個人情報の管理も気になるところだし、まあ無難なところだとやっぱりメールとかになるわけでしょうよ。そしたらいちいちメールアドレス書かせるのってちょっとアレですよね。汚い字で読めない事もあるだろうし。そんなだったらもっと簡単な方法とかあるでしょうに、と思うんですよねー。QRコード使うのもいいし、パソコン置いておいてアンケートフォーム開いといてもいいいし、ライブ中に受付アドレス書いた紙をステージ前に貼っておいて、MCでイマスグ感想をメールしてもらうようにするとか、もちろん送ってくれたらいいことあるわけですよ、着うたもらえるとか、クイズ出してメールで答えてもらうとかでもいいし、なんかそういうのはフライヤーとか入り口で配る紙とかと連動して面白い企画にもできると思うし。

そういえばDJイベントで最初の方の時間帯にお客がいないのをなんとかしたいなんて言う話が前にあって、その時話してたのは、スタンプカード作って最初と最後に押してもらえるとか、DJが変わるごとにキーワードが発表されて、それを繋ぎ合わせるといい事あるとか、なんかTVショーみたいなアレでいやらしいけど、実際そんなのも現場で体験として考えたらお祭り的で楽しいやり方もあるじゃないのかなー、とか。まあイベントの雰囲気によるけど。あと口口口とかもやってたけど、お客さんに自由にUSTさせたりとか、他だとTwitterに絡めたりとか色々面白いアイデアはあるとおもいますけど、これはまた別の話ね。これ一緒にしちゃうとアレなんで。話がややこしくなっちゃったけど、ダメ元でなんかやってみたらいいのになーって思う事が多々あるぜって話ね。


■物販はメンバーが声かけた方がいいのに

少なくとも今ここに書いてるのは、知名度が無くて集客が大変なインディーってことで考えてるので、スタッフが売ってるとかはもう論外ですよ。音楽ファンは誰から買いたいのかってことでね、その辺ですよ。自分たちの演奏終わってすぐ楽屋に引っ込んじゃうのとかもうアレですね。そんなのはファン殺到して混乱するクラスになってからですよね。ライブ終わった瞬間にフロアに出てファンと交流すればいいのにって思います。もちろん他のバンドがやってる時もフロア出て一番盛り上げるの絶対だと思うし。あと物販は買ってちょうだいってズバリ言った方がいいよね。置いておいたって買わないもん。これどう?って声かけられたらそこから始まるサムシングエルスですよ。バンドに声かけづらい人だっているんだしね。あとプライスカードくらいは事前に作っておいた方がいいよね。手書きでもいいから。

あとお土産的な物販で言うと、その場で持って帰れるグッズもいいけど、ちょっとアイデアひねってその場でアレするんだけど、家に帰るとアレ出来るみたいな仕組みがあると俄然いいことになりそう。上の話と繋がるけど、まあいいか、ちょっと長くなりそうなのでこれはまたの機会に。

それとさらに細かい話すると、イベント終わりでお客さんがはけるときの交流は出来るだけ出口に近いところか外出てすぐのところでやってほしいね。これ中の方でやられると、ちょいと挨拶してから帰りたい人とか、なんかいろいろアレしちゃうんですよねー。流れがあるからね。出口にいたら一人一人顔見て声かけられるでしょう。今どき洋服屋さんでも家電屋さんでも八百屋さんでもお買い物したら出口まで荷物持ってお見送りしてくれるよね。あれがお金払ってもらってるってことだもんね。個人的にはアレやめてもらいたいけど。


■ラスト2曲ですって言わない方がいいのに

ラスト2曲です!ってこれよく聞くんだー。正直、ガックシ来るよね。ラストって言っていいのはホントのラストの時だけだわね。なんか知らんけど、まだ2曲あるのか〜って思っちゃうんだけど、それってワタクシだけでしょうか?ラストですって言われると、えーもう終わり?って思うのにねぇ、不思議なもんだ。これがエンターテインメントっていうやつだよね。じゃあお友達を紹介してくださいって言うタモリさんのあの間を研究するといいよ思うよ。ウソだけど。しかし最近みんなテレ隠し使うね。アナウンサーいらんやん。


■新曲やりますって言わない方がいいのに

初めて見てる人にとったら、あなた達の曲全部が新曲ですから!少なくともエピソードを語った上で新曲やりますって言ってほしいよね。じゃあ懐かしい曲やります、これも同様ね。エピソードをプリーズ。「新曲やります!」「キャー!」ってのは、ファンばっかりのワンマンライブでやりましょうよ。でもこれはライブのMCだけじゃなくてブログとかでも同じ事が言えるので自分も気をつけよう。


■ブログに感想を出来るだけ早く書いた方がいいのに

これは以前にも、というか毎度言ってるんだけど、告知はクドいほど書くくせに、ライブ後の感想とか報告はいっさい書かないって、何ソレー?ですよ。たまに初めて見るバンドで、おっいいなーと思って帰ってブログ見ると告知がズラー!!!速攻閉じるよね。今日の出来事はなかった事になるよね。明日朝起きれないよね。逆のパターンで、お目当てバンドが出るイベントの対バンを事前に調べてて、ブログ見たら告知がズラー!!!お目当てのバンドに出番聞くよね。ズラーバンドの時間は外すよね。終わったら速攻帰るよね。帰りに寄ったデニーズで散々文句言うよね。結局のところ家に帰ってレポートあげるまでがライブだと思うんですけどねー。だってファンだったらセットリストとか感想とか裏話とか、ちょっと興味あるじゃない。遠征だったら地元飯を何食べたのか気になるじゃない。ライブ見て家帰ってブログって見ない?ツイッターでもいいけど。余韻が残るうちに何をするかで決まるよね。その辺のんびりだともうアウトの時代だと思う。厳しいね。ダイエットは明日からって言うタイプはもうアレだよね。

そしてこれだけカメラやビデオやいろんなものが安く準備できるようになったのに、ライブレポに写真一つないのかよ?って思っちゃいますよね。まあスタッフいない場合は自分たちがやってるところは撮れないからしょうがないけど、他のバンドに一枚撮ってもらったらいいんじゃないのかなー。だいたい鎌倉の大仏とか見に行ったら白髪まじりの知らない髭のおじさんにカメラ渡して写真撮ってもらうでしょ?対バンの人の方が頼みやすくない?逆に自分たちの写真はないけど、他の対バンの写真と感想がしっかり全部書いてあるようなバンドは、次ライブ見ることあったらTシャツ買おうって思うね。


■Tシャツとタオルは物販にあった方がいいのに

音楽のジャンルによるけど、激しいライブだったら汗だくになるわね。着替えいるわね。Tシャツ買うわね。満員でギュギュウのライブだったら汗だくになるわね。汗ふきたいわね。タオル買うわね。ものすごい単純明快。パンクバンドのライブだったらまず100%この2つは売ってるのに、なぜかさわやか系のライブでは売ってない!収益を考える事は、まわりまわってお客さんにいろんな事で還元できるから、ちゃんと考えた方がいいよね。お?なんか言い訳が聞こえてきそうだわ。ギターポップだしそんな激しくなくて汗かかないから?だとしたら、やることはいっぱいあるよね。まずはエアコンの温度を上げるよね。暑いよね。汗出るよね。Tシャツ買うよね。しかもドリンクも出るからお店も儲かって一石二鳥。エアコンが無理ならカラムーチョを無料で配るといいよね。辛いから。汗出るよね。タオル買うよね。しかもドリンクも出るからお店も儲かって一挙両得。エアコンもカラムーチョも無理なら、ステージからドリンクまけばいいよね。濡れるから。タオル買うよね。着替えるよね。Tシャツ買うよね。つまみ出されるよね。


と言う感じで、賛否両論あるかとは思いますが(特に最後のは否しかないと思うからホントにやったらダメよ)、肝心な事は、自分で考えてる人と考えてない人の差は歴然だよって言う事と、積み重ねは重要かもねって言う事と、ここに書いてある事は間に受けるなよってことね。



これだけじゃアレなので、お別れにナイス音楽をおひとつ。
フリーダウンロード。かっこいいよ。


【お知らせ】オニマガは新URLに引っ越しました。→ オニマガ http://onimaga.jp
Recent Products
Minimal WP
Minimal WP

公式サイトで自分らしさを表現しよう!
シンプル&ミニマルなWordPressテンプレート「Minimal WP」


Facebook
Related Post
コメント
HIROHO | 2011/02/21 23:20
最後のTシャツタオルはまあ、ちょっと、ハンドタオルくらいがちょうどいいかなぁとか思うところもありますが、だってTシャツを着替えるのにフロアでってわけにいかないんで。
あとは、ほぼ同じような思いでライブ観てますね〜。
週に3本くらい観てると、否応にもこんなような事感じますね。

結局、自分がライブやりたいから対バン呼ぶんで、対バンしたいからライブやるって感じが全然ないなぁとよく思いますね、観てて。
しょうがないじゃんって声があちこちから聞こえてきそうですが。
あのバンドとこのバンドをそのバンドの好きな人にみせたらあっちもこっちも好きになるっじゃないの?っていうイベントが理想で、観に行く人も、そういうの期待して観に行ってくれたら最高なのになぁ。

あ、アンケート回収ボックスがいいかメンバーに渡すのが好いか、これは微妙ですねぇ。きちんと手渡しで受け取れる体制をメンバーができるならアンケート書いてくれた人と話せるチャンスだからなぁ。

あと、物販が正直、どのタイミングで買うべきかっていう感じなんですよ。
普通は転換中だろうけど、だいたい、演奏終わって次の転換の間にメンバーがいて受け答えしてって時間はそれほどないわけで。じゃあ全部ライブ終わってからかってなると、これまたメンバーが仲の好いお客さんや知り合いと話し込んでてきちんと対面販売する時間をとってない。これは、メンバーだけの問題じゃなくて、知り合いや仲好しの人がそのバンドを好きならまずは一歩引いてあげてもいいんじゃないかしら。そういうわけで、僕は好きなバンドほど回数行くけど話し込む時間が比例して短くなる。お客さんが少ないイベントの時にでもゆっくり話せばいいんだもの。それで話せる時間が全然なくなったとしても、それは嬉しいことだしなぁ。


つまり、NOPもライブやらんきゃいかんでしょって話じゃないかしら。
オニマガ | 2011/02/22 11:26
まあしょうがない部分もあるんですけどね、理想無くしたらそれで終わりですからねぇ。
アンケートはたしかにメンバーと直接やり取り出来るチャンスなんで、
一番いいのはメンバーが回収箱もって声かけながら回収するのがいい気がするんですけどね。
なんにしてもそこに気を使えるかどうかってところですよね。

物販のタイミングとか時間配分はなかなか考える余地はありそうですね。
メンバーの方もお客さんの方も。

つまりNOPはライブなんてやっちゃダメって結論で!






<< P+M magazine 04のおまけ特典「DIYクラフトパック」がでけた | Main | P+M magazine 04 表紙が完成しましたよ! >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...